Posted on: 2月 24th, 2014 地震大国日本に住む

海外と日本との大きな違い、それを挙げるならばまず何よりも日本は島国であり、単一民族国家であるという点があげられるでしょう。
他の諸外国の大半が、何かしらの外部との接触が陸路で可能な状態となっています。他国家と陸でつながっている以上、全く単独での行動ができるわけではありません。
しかしながら日本は、日本の中で全てを解決することになる島国なのです。
また、民族も少数民族がいるなどといったことが有るわけではなく、ほとんどが同じ日本人として簡単にくくってしまうことが可能です。

そういった国家としてのプロファイリングを行うことがまず簡単なのが日本であり、更にその上で物理的な特徴としてなによりも地震が多いという特徴があります。
日本出身ではない人間が日本で自身に遭遇すると毎回いちいちびっくりしてしまうのに対して、日本人はよほど大きなものでない限り平然としているといったジョークも飛び交うほどに日本は地震がよく起こる国です。
特に、東日本大震災以降は地震が発生する頻度も上がっているように思われるところがあります。
ということは、いつ来るかわからないものではありながらきちんと備えをしておくことは非常に重要なのです。

耐震補強を行った家にリフォームすることで、対策をしましょう。
リフォームと言っても一口にいえず、ガラス修理などの工事が有る中の耐震補強が重要です。
耐震補強がされた家なら、安心して住めるでしょう。ガラス修理でより良い窓にすることも大事ですが、根本的に耐震補強のリフォームを施しておかないと根本的解決にはなりません。
ガラス修理のリフォームと合わせて、良い家に出来るようにしましょう。
また、窓が割れたらガラス修理は即呼びましょう。

OUT LINK

耐震補強はしておくべきですよ[木造住宅・施設の耐震補強パーフェクトガイド]

Comments are closed.